お知らせ

最新のニュースをお知らせしています。

別院参り 2018年05月18日

気持ちの良い晴天の中、観音様のいる別院にお参りをしてきました。

別院に着くと、まずはお焼香です。静かな心で丁寧にお焼香をすることが出来ました。

園長先生の「観音様はとっても目がいいので、皆の事をいつでもどこでもよく見ていますよ。」とお話を聞いて、早速あたりを見渡す姿が見られたり、「かっこよく出来たから見てくれていたかな?」「観音様ってすごいんだね!」とお話をしてくれたりする姿が見られました。

観音様というの存在を知り、少し身近に感じることが出来たようです。

 

 

お参りの後は大谷公園を散策し、皆で仲良くお弁当を食べました。

「ピクニックみたい!!」と会話を弾ませながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。

  

 

良い事も悪い事も、観音様だけではなく、誰かに見られています。今回のお参りを通して、日々の行いについて考える良いきっかけとなりましたね。

花祭り 2018年05月08日

 

今日は月遅れ花祭りを行いました。

花祭りとは、お釈迦様のお誕生日をお祝いする日の事です。

 

お釈迦様がお生まれになった際に降っていたとされる甘露の雨に見立て、甘茶をかけました。

    

 

その後は、甘茶を実際に飲みました。

一口飲むと「甘くて美味しい!」と笑顔が見られました。

  

 

 

お部屋に戻ると、「甘茶は茶色かったね」「お釈迦様は一の指で上を指してたね」と、話していました。

よく観察してきたようです。

「お釈迦様」と発音するのは難しかったようですが、お釈迦様という存在を知るきっかけとなりました。

 

お別れ会 2018年03月13日

もうすぐ卒園を迎えるゆり組さんとのお別れ会をしました。

午前中は全クラス混合の5チームに分かれてのゲーム大会です。

ゲームで勝つために、それぞれが力を発揮したり、皆で力を合わせたりしながら勝負を楽しんでいました。

      

ゲーム中は終始ゆり組さんが中心になってくれました。

チーム内で意見が分かれた時には一つにまとめようとしてくれたり、小さいお友達に寄り添って連れて行ってくれたりと大変頼もしい姿が見られました。

先生に言われずとも、率先してチームのために動くことが出来るゆり組さんはさすがですね。

    

昼食はチームの皆でハンバーガーを食べました。

一生懸命ゲームに参加した後のご飯は格別においしかったようで、笑顔いっぱいでした。

  

お別れ会の最後には、ゆり組さんにプレゼントを贈りました。

「ありがとう!」「どうぞ!」と、これまでゆり組さんにお世話になってきた感謝の気持ちを胸に、しっかりと渡すことができました。

両手いっぱいのプレゼントに、照れくさそうなゆり組さん。想いは伝わったようです。

  

ゆり組さんが卒園してしまう最後の日まで、たくさん遊んで、たくさん触れ合って、皆との思い出を作っていきましょう。

 

 

ピアノ・礼法参観 2018年03月07日

 

今日は年長ゆり組の、ピアノ・礼法参観でした。

 

年少時から練習に励んできた礼法では、前々から「美味しいお茶をお母さんに飲んで欲しい!」と言っていましたが、今日は気合の入りようが凄まじく、緊張がこちらにも伝わってきました。

お互いを気に掛け、誰かが遅れるとみんなで待つ姿を見て、緊張していても「礼法の基本」が身についているのだと改めて感じました。

子ども達の緊張が保護者の方にも伝わったようですが、それほど一生懸命取り組めたということですね。

礼法で学んだ作法だけでなく、相手を思いやる心、そして「心を込め一生懸命取り組む大切さ」をいつまでも忘れないで欲しいです。

       

 

ピアノ参観では、和やかな雰囲気で、楽しく過ごせたようです。

少し前から、自由遊びの時間でも、音符カードや発表する曲を練習する姿が見られていたので、そんな練習の成果を、お家の人に見ていただけて凄く喜んでいました。

   

 

終了後、お部屋に戻ってくると、緊張から解放され、また「見てもらった」という達成感から、笑顔がたくさん溢れていました。

この経験を通し、また自信へと繋げてくれたらと思います。

保護者の皆様、お忙しい中お越しいただきまして、ありがとうございました。

 

ひな祭り集会・お茶会 2018年03月03日

 

今日はひな祭りのお祝いとして、お茶会と集会を行いました。

 

お茶会では、年長ゆりぐみの子達が小さいお友達のみんなにお茶を振舞いました。

始まる前は「緊張する・・・」と話していました。しかし、いざ始まると「かっこいい姿を見てほしい」「美味しいお茶を飲んでもらいたい」という気持ちを込め、足先から指先まで意識しながら、堂々と取り組んでいました。

     

 

そんなゆりぐみさんの姿を見た小さいお友達は、声を掛けなくとも静かに座り見入っていました。

また、自分が飲める番が近付いてくると、ワクワクした様子でお茶を待っていました。

お菓子もお茶も美味しく頂けたようで、飲み終えるとにこっと笑顔が見え、点てたゆり組さんも、顔に出さずとも嬉しそうなのが伝わってきました。

   

 

長い時間でしたが、ゆりぐみの退室が終えるまで、どのクラスのお友達も静かに座ってることが出来ました。

ゆりぐみさんの「真剣さ」が伝わったのではないかと思います。

 

 

緊張感のあったお茶会の後は、楽しいひなまつり集会です。紙芝居やお歌を楽しみました。

紙芝居では、お話の世界に引き込まれ、静かに聞き入っていました。時々くすっと笑いが起き、お話を楽しんでる様子が感じられました。

 

 

お部屋に戻ると、「今日はよくお茶が点ったよ!」と嬉しそうに教えてくれました。「気持ちを込める大切さ」を感じたのではないでしょうか。