お知らせ: 2018年3月

ピアノ・礼法参観 2018年03月07日

 

今日は年長ゆり組の、ピアノ・礼法参観でした。

 

年少時から練習に励んできた礼法では、前々から「美味しいお茶をお母さんに飲んで欲しい!」と言っていましたが、今日は気合の入りようが凄まじく、緊張がこちらにも伝わってきました。

お互いを気に掛け、誰かが遅れるとみんなで待つ姿を見て、緊張していても「礼法の基本」が身についているのだと改めて感じました。

子ども達の緊張が保護者の方にも伝わったようですが、それほど一生懸命取り組めたということですね。

礼法で学んだ作法だけでなく、相手を思いやる心、そして「心を込め一生懸命取り組む大切さ」をいつまでも忘れないで欲しいです。

       

 

ピアノ参観では、和やかな雰囲気で、楽しく過ごせたようです。

少し前から、自由遊びの時間でも、音符カードや発表する曲を練習する姿が見られていたので、そんな練習の成果を、お家の人に見ていただけて凄く喜んでいました。

   

 

終了後、お部屋に戻ってくると、緊張から解放され、また「見てもらった」という達成感から、笑顔がたくさん溢れていました。

この経験を通し、また自信へと繋げてくれたらと思います。

保護者の皆様、お忙しい中お越しいただきまして、ありがとうございました。