お知らせ: 2012年11月

宇都宮仏教会 仏教文化講演会 2012年11月28日

12月8日は「成道会(じょうどうえ)」といい、お釈迦様がお悟りになられた日とされています。

宇都宮仏教会では、毎年お釈迦様の「成道会」を記念して仏教文化講演会を開催しています。

今年の講師は、吉田宥禪先生です。吉田先生は高野山真言宗の僧侶であり、また、落語家・桂米裕(かつら よねひろ)としても活躍されています。当日はどんなお話が聞けるのか、大変楽しみです。どなたでも入場できますので、ご都合がつきましたら是非ご来場下さい。

 

日時:12月6日(木)12時開場 午後1時開会

場所:栃木県総合文化センター・サブホール

講師:吉田宥禪 先生

演題:「お笑い仏教処方箋」

☆入場無料

平成24年  施餓鬼会 2012年11月09日

自分の命の有り難さ、ご先祖様に感謝の気持ちで、お塔婆をあげ、御供養する法要が施餓鬼会です。寺では大勢のお坊さんが集まり、この法要を勤修します。皆様の御来山をお待ちしています。

 

日時 平成24年11月23日(勤労感謝の日) 午前10時開式

9:50 第1鐘 全員本堂入堂
10:00 第2鐘 奏楽 導師・僧侶入堂

稚児による献灯・献花・献香

施餓鬼会

焼香(新施主・世話人・一般の順)

( 休 憩 -書院へ移動-)

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:00~11:45   法 話 「終活を考える」    住 職 倉 松 和 彦

 

 

就活、婚活と並んで最近聞かれるようになった「終活」という言葉。

いつかは、そして誰にでも訪れる最期の時に備えて、我々がなすべき事とは何なのか?

寺から見た「終活」を考え、みなさんにお話ししようと思います。

 

 

  

檀信徒連絡協議会 2012年11月01日

今日は能満寺で、檀信徒連絡協議会総会・研修会が行われました。

正式名称は「真言宗智山派栃木中央教区檀信徒総代連絡協議会宇都宮支部」という大変長い名前です。

この会は宇都宮の真言宗智山派寺院の住職と総代(役員)で構成される会で、相互の親睦を深め、教化活動を高めていくためのものです。

会場は各寺院の持ち回りとなっており、今回の会場寺院である能満寺には、約50名のご住職・総代さんをお迎えしました。

今日の研修会では、ご自身でも射撃の選手として活躍され、元近代5種やバイアスロンの事務局長などを務められ、またレーザーピストルの考案者でもある菊地孝之氏をお迎えし「ロンドンオリンピックのうらばなし」をお聞きしました。

「オリンピックへ選手を送る大変さをお聞きし、行動を起こし、継続していくことの大切さ」を学びました。

最後は、みんなで昼食をいただき、散会となりました。

大変お疲れ様でした。